アルプス山岳郷「乗鞍高原」~水芭蕉〜

LINEで送る
Pocket

乗鞍の「小さな白い妖精たち」=ミズバショウ

水芭蕉はアルプス山岳郷乗鞍高原がある旧長野県南安曇郡安曇村(現松本市)の村の花でもありました。

特徴

湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるを開く。これが花に見えるが仏炎苞はの変形したものである。仏炎苞の中央にある円柱状の部分が小さな花が多数集まった花序(かじょ)である。開花時期は低地では4月から5月、高地では融雪後の5月から7月にかけて。葉は花の後に出る。根出状に出て立ち上がり、長さ80 cm、幅30 cmに達する。

和名の「バショウ」は、芭蕉布の材料に利用されているイトバショウMusa liukiuensis (Matsumura) Makino)の葉に似ていることに由来する。

——-引用[Wikipedia-ミズバショウ]

前編

後編

この記事を書いた人

アルパス編集部
アルプス山岳郷出身の若者グループ「BRIDGE」
地元の魅力を地元民だからこその視点でまとめます。
LINEで送る
Pocket

よかったらシェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Print this page
Print

アルパス編集部

アルプス山岳郷出身の若者グループ「BRIDGE」 地元の魅力を地元民だからこその視点でまとめます。