ご来光は登ぼるべからず!?

LINEで送る
Pocket

こんにちは!Kenyです。

今回はこれから時期7月~9月のオススメの体験!

乗鞍岳山頂付近で見る、御来光です。皆さん、御来光を見るためには山の上まで行かないと見れませんよね。そう、だから山を歩いて登って、御来光をみる。「そんなことまでして、御来光はいいわっ」と思ったそこのあなた!乗鞍高原は乗鞍岳山頂付近つまり、御来光スポットまでなんとバスで行けちゃいます。

ということで実際にバスで登って御来光を待っている時、どのような風景・時が流れるのかご紹介します。

まず、始めに

山頂付近は物凄く!寒いです!

なので必ず、冬の格好をしてください!

これは大袈裟ではなく、じっくり御来光を待つためにマストです。

もう一度言いますが、冬の格好で完全防寒をしていって下さい!

まず山頂に登ると

IMG_8297

真っ暗です!でもすぐに待っていると徐々に明るくなっていきます。

 

IMG_8298右奥から太陽が昇りはじめました。

IMG_8307だんだんと赤焼けが綺麗に彩られます。

IMG_8303そろそろ太陽さん出てきそうな風景です。

 

IMG_8308

皆さんすでにお分かりだとおもますが、この日は綺麗な雲海が見えました。

こうなるとますます御来光をワクワクしながら待ちます。

IMG_8313まだかな………………………………………..

IMG_8330すると一部分が急に明るくなってきました。

IMG_8334更に濃くなってきます。これは間違いない、あそこから太陽さんがお見え。

IMG_8336ついに太陽が見えてきました。ここからはあっという間。

IMG_8343どんどんと空が明るくなり、いよいよ太陽の半分以上が見えてきました。

IMG_8356そして最後は綺麗な真丸い太陽が見えました。

IMG_8358写真では伝わらない、非常に神秘的な空気感です。全神経が研ぎ澄まされ、かつリラックスし、感動する時間すね。

それでもまだ

「そんなことまでして、御来光はいいわっ」と思ったそこのあなた!

一度行ってみてください。一度だけで良いので。都会では味わえない、凄く素敵な時間を過ごす事ができますよ。

IMG_8372ご来光バスの情報はアルピコ交通からどうぞ!

片道50分くらいで1500mの標高から一気に2800mまでバスで上がります。

この夏、オススメの神秘的な体験です♪

ではTschüss!!

 

この記事を書いた人

Keny
Keny
アルプス山岳郷で生まれ、アルプス山岳郷で育つ。
地元目線からディープな情報を発信!
信州登山山案内人!アルペンスキーコーチ!
趣味はサウナとお風呂めぐり!
LINEで送る
Pocket

よかったらシェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Print this page
Print
Keny

Keny

アルプス山岳郷で生まれ、アルプス山岳郷で育つ。 地元目線からディープな情報を発信! 信州登山山案内人!アルペンスキーコーチ! 趣味はサウナとお風呂めぐり!