標高差約300mで頂きへ!乗鞍岳「剣ヶ峰」登山

LINEで送る
Pocket

乗鞍高原のシンボル「乗鞍岳」

乗鞍岳は全23座の総称で、その最高峰は標高3,026m「剣ヶ峰」

3,000m級の山では容易に登れる山として有名です。

容易に登れる理由とは!?

標高2,700mまでバスで行けちゃうからなんです!(観光センターから往復2,500円)

今回は標高2,700m畳平から始まる山旅をご紹介。

バスを降りると広い駐車場に売店が数店。中でも目を引くのが

20160712IMG0028

こちら「乗鞍本宮」

ここで安全登山を祈願しスタートしましょう。

20160712IMG0002

早速「鶴ヶ池」の美しい青が魅せてくれます。
20160712IMG0003

道沿いにはヨツバシオガマや

20160712IMG0004

コマクサなど可愛らしい高山植物が楽しませてくれます。

20160712IMG0006

7月も中旬なのにまだ雪渓が残っています。これでも例年よりは少ないんです!

そして雪の白のおかげで、際立つ青。美しいですね~

20160712IMG0010

八ヶ岳、中央・南アルプスの山塊。水墨画のような美しさ。

20160712IMG0012

約30分ほどで「肩の小屋」へ。ここでちょいと一休み。ここから本格的な登山道に。

20160712IMG0011

いざ!頂へ!

乗鞍岳は火山なので、火山岩がゴロゴロしていて少し歩きづらいです。

そんなこんなで山頂が見えてきますが、騙されてはいけません。

山頂は山頂でも剣ヶ峰ではなく、蚕玉岳の山頂なのでペースは変えずに登りましょう。

20160712IMG0015

蚕玉岳に到着!!左が目指す剣ヶ峰、右が大日岳

20160712IMG0014

ここまで来ればもうひと踏ん張り。

20160712IMG0019

ついに剣ヶ峰標高3,026mの山頂に!奥は御嶽山

景色はというと

20160712IMG0017

北アルプスの山々!槍ヶ岳や穂高が!

20160712IMG0021

権現池。これまた美しい。角度によってはハート形に見えますよ~

景色を楽しんだ後は来た道を戻ります。

岩がゴロゴロしているので慎重に下りましょう。砂利にも注意です!

まっすぐ帰るのが味気ない人は、少し寄り道をして畳平に帰りましょう。

20160712IMG0023

10~20分ほどで楽しめる富士見岳や

20160712IMG0027

畳平すぐ下のお花畑を散策しましょう。

20160712IMG0026

スイスを思い出させる一枚が撮れますよ!スイスに行ったことないですが(笑)

体力・技術的に初心者や子どもでも登れる山ですが、標高は3000mを超えるので高山病の症状が出る人もいます。

また、天候が急変することがありますので、しっかり登山の準備をし、なめてかかることの無いようお願いします。

「のらりくらり乗鞍」自分のペースで登山を楽しんでください。

この記事を書いた人

taniguchi
taniguchi
生まれも育ちも和歌山県。
そんな僕がなんやかんやあって、今は乗鞍に住んでいます。
移動はもっぱらスーパーカブ!!
LINEで送る
Pocket

よかったらシェアしてください!Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Print this page
Print
taniguchi

taniguchi

生まれも育ちも和歌山県。 そんな僕がなんやかんやあって、今は乗鞍に住んでいます。 移動はもっぱらスーパーカブ!!